• あきぽ

2018と2019。

StartFragment☆2018と2019。 年が明けて4日も経って。 ようやく自分の時間の流れに句読点「、。」を付けようかなって気になった。 年末31日。 氏神さまにご挨拶に行った後に、神棚にお神酒をあげて手を合わせて、一年の感謝を伝えようとしたけど、言葉が上滑りして続かない。「今年一年…今年一年…」アレどうしよう困ったな…と思ってたら、 『薄っぺらい感謝など要らぬ。自分と共にあることを誓え。』 と、重量感のある声が頭に響いた。 「誓います」以外に応えはなくて。 あんまりハッキリ言われるからビックリして、でも涙がいっきに滲んだからホントだって分かる。(涙は本当or当たりのバロメーター) 2018年は。 「覚醒」だったんだと思う。目が醒めた。 目は醒めたけど、どうやって起きていいのか、どうやって動いたらいいのか分からない。そんな時間だったなって思う。 2018年に書いたブログを読み返してみたら、本当にそれがよく分かったの。 目が醒めた自分の取り扱いに、もがいてもがいて…そんな時間だったなぁ。 今だって、ジタバタともがくのは変わらないけど、仕組みは分かったから。 大丈夫なのも分かったし。 『自分と共にあることを誓え』 もうこれを徹底的にやることの他に、やらなきゃいけないことなんて一つもない。 でも。 それが分かったとしても、自分から離れてしまうことは日々起こる。 だから何度も何度も自分に戻る。 2019年。 目標とか抱負とかビジョンとか。 そういうのを掲げることで自分を鼓舞して生きてきたけど、今のところ、なぜかそんな気にならなくて。(だからあえて何もナシ) 見えてる未来も見たい未来もあるけれど、自分の内側を見続けることで、欲しい未来が向こうからやって来るのを確かめたいって思ってる。 今、始まったばかりのこの時間軸では、ただただ凪いだ空気の中に立ってる。 そんな感じ。 EndFragment

14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

「私をみくびるな」

年末から、ずーーーっと体調が悪いのを引きずっていて。 なんでこんな風に低迷するのかって、ふと気がついたの。 「あ。自分にウソついてるからだ。自分を誤魔化してるからだ。」と。 自分の本音を見つめた時に、気づいてしまったら困るから、自分自身に巧妙にウソをつく。本音は「NO」なのに見ないように気づかないように。 そりゃあしっぺ返しが半端ないワケですよ。 自分のエネルギーをどう使うのか。

トリガーデバイス(trigger device)

引き金となる装置。 とでも訳せばいいですかね。合ってますか?(誰に聞いてるのか…) 今年の春に空に還った、心の師匠に教えてもらいました。 物騒に働く引き金ではなくて、それがあることで我に帰る、元にもどるツール、みたいなものという風に私は思っています。 で。 私が今待ち受けにしてるのがコレ。 とあるニャンコのヘソ天画像。 完全なる降伏。服従。諦念。 『なんかわからないけど、どーし

「勝手にジェットコースター」

私、タフなメンタルの持ち主に見えるようです。態度デカくて飄々としてるように見られます。 が。 内側の感情の量たるや大変なもんです。平穏安定な情緒の日なんて、ほっとんどないと思う。まぁそもそも感情の量なんて測れるもんでもないですがね。 「あぁ私ってイケてる‼︎」って思う時があれば「もぅ私なんて消えて無くなればいい…」って思うような、感情の振り幅です。(情緒の安定なんてどこにあるの⁇) 気