• あきぽ

2018と2019。

年が明けて4日も経って。

ようやく自分の時間の流れに句読点「、。」を付けようかなって気になった。


年末31日。

氏神さまにご挨拶に行った後に、神棚にお神酒をあげて手を合わせて、一年の感謝を伝えようとしたけど、言葉が上滑りして続かない。「今年一年…今年一年…」アレどうしよう困ったな…と思ってたら、

『薄っぺらい感謝など要らぬ。自分と共にあることを誓え。』

と、重量感のある声が頭に響いた。

「誓います」以外に応えはなくて。

あんまりハッキリ言われるからビックリして、でも涙がいっきに滲んだからホントだって分かる。(涙は本当or当たりのバロメーター)


2018年は。

「覚醒」だったんだと思う。目が醒めた。

目は醒めたけど、どうやって起きていいのか、どうやって動いたらいいのか分からない。そんな時間だったなって思う。


2018年に書いたブログを読み返してみたら、本当にそれがよく分かったの。

目が醒めた自分の取り扱いに、もがいてもがいて…そんな時間だったなぁ。

今だって、ジタバタともがくのは変わらないけど、仕組みは分かったから。

大丈夫なのも分かったし。


『自分と共にあることを誓え』

もうこれを徹底的にやることの他に、やらなきゃいけないことなんて一つもない。

でも。

それが分かったとしても、自分から離れてしまうことは日々起こる。

だから何度も何度も自分に戻る。



2019年。

目標とか抱負とかビジョンとか。

そういうのを掲げることで自分を鼓舞して生きてきたけど、今のところ、なぜかそんな気にならなくて。(だからあえて何もナシ)


見えてる未来も見たい未来もあるけれど、自分の内側を見続けることで、欲しい未来が向こうからやって来るのを確かめたいって思ってる。


今、始まったばかりのこの時間軸では、ただただ凪いだ空気の中に立ってる。

そんな感じ。

5回の閲覧

最新記事

すべて表示

「勝手にジェットコースター」

私、タフなメンタルの持ち主に見えるようです。態度デカくて飄々としてるように見られます。 が。 内側の感情の量たるや大変なもんです。平穏安定な情緒の日なんて、ほっとんどないと思う。まぁそもそも感情の量なんて測れるもんでもないですがね。 「あぁ私ってイケてる‼︎」って思う時があれば「もぅ私なんて消えて無くなればいい…」って思うような、感情の振り幅です。(情緒の安定なんてどこにあるの⁇) 気分のアップダ

内側の声っていうけども。

ここんところ。 内側の声がだいぶ大きくハッキリしてきていて、しかもYes.Noだけじゃなくて、「なんで?とか、どうしたらいい?」という問いにも応えが返ってくるようになってきましたよ。 これね。誰と話してるんだか、と思うでしょう? 「内側」って言ってますけど、別人格がいるとかって感じでもないのですよ。私の場合。 私が私に応えてる感じ。ややこしいですけども。 神さまとか、龍とか、天使とか、見えない何か

© 2017 by earconing Nagano. 

  • s-facebook
  • Twitter Metallic