• あきぽ

距離感て人それぞれじゃん?

最終更新: 2019年5月15日


絶賛4月の雪あるある中の長野市。

暑さ寒さも彼岸までって言ったのは、どこの誰だよ⁈


さて。

新学期が始まって、ようやく日常のペースが落ち着きつつあります(私の話し)


1人でいる時間が必須な私には、季節の長期休みは耐え難い。

それでもだいぶ上手に乗り切れるようになりました。

今回の春休みは、家出しなかったし(←いつもはするんかい!って。してたんですよ前は)


家族との距離感は「近いほど素晴らしい」という、そんな当たり前に思われてそうな価値観に自分を置くと、私は苦しくて息ができないのですょ。


親と子の距離。

パートナーとの距離。

家族との距離。


物理的な距離の問題も含めて、人それぞれに心地よい距離感て何に対してもあるわけで。


けれど漠然とした社会の価値観に自分を合わせていると、やっぱり拗れていくでしょう?

「ねぇ一般的ってそれホント?私はどうしたいの?」

(大事な人と密に居ることが心地いいという人も沢山いるはず)


まずは自分のホントの思いを知ることが最初の一歩よねぇ。

で、自分のホントの思いを拗らせている人もまた多いと思う。私を含めて。


拗れていないホントの自分の思いのことを、本音って言うわけでしょ。

自分の本音を知ることを「自分を知る」って言うんだよね。「自分探し」とか言ってどっか外に探しに行ってる場合じゃないんだよ。


自分の本音を見つけること、自分を知ること。

『自分を生きる』ってひたすらこれを繰り返す事だよ。それだけ。


だと思ってる。




5回の閲覧

© 2017 by earconing Nagano. 

  • s-facebook
  • Twitter Metallic