• あきぽ

自分の底に足がつく。


この冬の入り口に、自分の内側にあった絶望にのみ込まれて。

「世界は全て自分のカケラでできている」ってことを、体感で知った私です。

(なんのこっちゃ…笑)


昨年の冬には自分の中の闇を知って、今年は絶望を知ったの。

ギフト。(だと思ってる)


冬至をこえて今思うのは。

「自分の底に足がついたなぁ」ということ。


たぶん…2010年頃から始まった自分探しの旅は紆余曲折しつつ、ひと段落したんじゃないかって感じてる。(ざっと10年かかってる…)


本質的な深い変容はここ2年。

私が私に戻るプロセス、私が私に繋がるプロセスは第一幕を終えた感じ。

なんでそう思うかって?

わかんない。笑。


ここから先は、自分と繋がっていることはデフォルト(=標準.定番.初期設定)。

本来の自分と繋がった「私」が世界に何をアクションしていくのか、っていうステージ。


(実際は、もうとっくに始まってるのだけど、自分に抵抗しすぎて時間かかったゴメンナサイ…誰にあやまってるかって?笑)


とはいえ。とはいえですよ。

何が変わるかってさ、変わらんのよ。


ちっさい事にイライラすることも

やらなきゃなんない事が面倒なのも

自分軸を見失うことも

大事にしたい事も大事にできない事も

愛したい思いも愛されたい思いも


変わんないの。

変わんないのだけれど…繋がっているから、自分と繋がってる分だけ、きっと迷いは減るんだし、進む方向へは自ずと引っ張られる事が、今までよりずっと信頼できるんだと思うの。


いいかげん時間かかったよね。ここまで。

人は何でこんなにも、本来の自分に繋がる事に抵抗するんだろうなぁ。

なんでこんなに怖いんだろうね。

愛しかないのにさ。


繋がった自分を世界に開いていくよ。

開いた世界を創りたいの。


思い出したの私。

小さい頃の私は「他人にできる事が私にできないはずがない」って当たり前に思ってた。(なにその根拠のない自信!笑)

それくらい大胆に世界に開いてた時があるの。


一回固く閉じた自分を開くって怖いけどさ。

「世界は全て私のカケラでできている」なら、大丈夫なはずだよねって。

そう思うの。



5回の閲覧

© 2017 by earconing Nagano. 

  • s-facebook
  • Twitter Metallic