• あきぽ

巧妙なうそ。


好きな人が、良かれと思ってついたうそに、傷つくことってあるでしょう?

うそじゃないにしても、ちょっとした誤魔化しや適当なあしらいとか。

好きな人だからこそ、傷ついて哀しくなる。もっと別の他の人ならそんな事ないのに。


これが、自分自身の中で起きているのよね。

気がつかないほどに日常的に。

そして巧妙に。


私が私にうそをつく。良かれと思って。

まるで呼吸をするかのように自然に。


でもうそって、つく方だって毒だから、気づかないうちに自分の内側に薄っすらと積み重なっていく。

ある時にハタと苦しさを感じて、目を向けるとそこには、うそという毒が積もってるわけ。


あぁ私はこんなに自分にうそをついていたんだって気がついて、そして自分自身にとても傷つく。見えない血がジワッとにじむ。


周りに合わせるためとか、大人の振る舞いとしてとか、嫌われたくないし、とか。

そんな理由で大なり小なり、みんな「折り合いをつける」という名のうそをつく。


自分にうそついた、って自覚があるならはるかにマシ。積み重なった小さなうそは、自分自身のホントを見る力も削いでいく。


うそをつく人を信じなさいって、無理な話よね。だから自分にうそをつくと、自分自身を信じるのも難しくなる。


自分が自分を守るためのうそだからこそ、傷つくことがある。うそをつかないことで、痛い思いをすることもある。

良いとか悪いとかじゃなくて結果の話し。


自分のホントが分からなくなること以上に、怖いことなんてないんだ。って思う。

巧妙に。ホントに巧妙に私は私にうそをつく。だから。

『うそつくなよ』って、私が私を見張ってる。


私の話し。



5回の閲覧

© 2017 by earconing Nagano. 

  • s-facebook
  • Twitter Metallic