• あきぽ

ブランコのこぎ方。


うちのムスコたちは3人とも「森の幼稚園」に通っていました。

長野の飯綱高原にあって、森の中でのびのびと(山ザルのように)保育してもらっていました。



自然の中では、たとえ遊び道具など無くても、勝手に遊びを作り出し遊んでいるようなムスコたち。


が。なんと、どこにでもあるフツーの公園のブランコが乗れなかったの‼︎ 小学校に上がっても「おして?」って振り向く始末。

「はっっ⁇ 漕ぐんだよ‼︎ 自分で‼︎ 」

「え⁇ どーやって?」

「足を伸ばして曲げて伸ばして曲げてってさっ!」


想像できます?足の曲げ伸ばしのタイミングが合ってないサマを…。(今はもう中学生に小学生。さすがにブランコ乗れるだろうよねぇ?と思うけれど定かではない…)


#こども森の幼稚園 #木の園舎 #なつかしい


なんの話しかというと。

例えば、ブランコを勢いよく押してもらったとしても、そのまま自力で漕がなけりゃそのうち止まるのは明白なわけ。

漕ぎ方のタイミングが合わなかったり、やり方が違ってればやっぱりそのうち止まるわけ。


これって、自分自身のことに重なるなぁと思ったわけですよ。

私自身、必要なときには人のサポートでグッと自分エネルギーのブランコを押してもらっています。

でもその後は勢いにビビりながらも、一生懸命漕ぐわけ。

押してもらった勢いを、自分で体感して覚えて、もっともっと高く漕げるようにリズムを合わせる。


イヤーコーニングもそう。

ぐっと大きく押しだすことができるサポートの一つ。

押す勢いもどんどん増しているので、変化変容の体感は分かりやすいだろうと思うのです。

でもね。

やっぱりその後に動かなければ、自力で漕がなければ、止まってしまうわけで。

そしてせっかくならば、勢いにのって漕ぎ続けられる方がいい。


私の場合、マヤ暦のセッションでその漕ぎ方を伝えてますよ、って言ったらわかりやすいかなぁと。

自分ブランコの漕ぎ方や、タイミングを知るのはマヤのセッション。

自分エネルギーのブランコが止まってしまっていたり、勢いが足りないときにはイヤーコーニング。

どっちも必要。どっちも大事。


アルプスの少女ハイジみたいな、空まで飛んでいくブランコ漕いでみたいよね。

#ブランコの乗り方 #アルプスの少女ハイジ



© 2017 by earconing Nagano. 

  • s-facebook
  • Twitter Metallic