• あきぽ

ファンタジーの住人。


この前、友人ふたりとランチをした時。

友人のひとりが「しいたけ占い2018下半期」を持ってきて、それを眺めながら話がはずんだのだけれど、みずがめ座の見出しに「ファンタジーの住人」というのがあって、すごい笑われたわけ。

私ぜんっぜん自覚が無くて、それはもうリアリズムがデフォルトだし、超現実主義者だと思っていたので、すごいびっくりしたのですよ。

「私のどの辺がファンタジーなの!?」

→自覚がないのがもうおかしい。普通は月とかそんなに撮らないからね(私のinstagramの投稿をさして)って。

「私がファンタジーの住人ならみんなはどこに住んでるの!?」

→あなたの住んでる外側だよ。って…。

えーーー。そうなのかなぁ…って、また別の人にも聞いてみた。

「ファンタジーの住人って言われてすごいびっくりしたんだけど、そうなのかなぁ。」

→そうでしょ。月だの竜だの言ってる時点でもうファンタジーでしょ。って…。

そうだったんだーーー。私ってファンタジーの住人だったんだ。もうホントにびっくりしたのですよ。

でもね。久々に自分のブログを見返してみたらば、あぁたしかに。ファンタジーだわ。って思った。笑。

「変に思われないように」とか「変に思われてももういいや」みたいな思いが、もう全部をおおっているわ。

最近私の周りにいる人は、私がファンタジーの住人のままでもフツーに受け入れてくれる人ばかりなので、うっかり油断していたのですね。ファンタジーのままリアリズムを生きていると思っていたわけ。

そうか。ファンタジーの住人なのかと。

ならば自覚的にファンタジーの住人を生きることにします。

どうぞよろしく


2回の閲覧

© 2017 by earconing Nagano. 

  • s-facebook
  • Twitter Metallic