• あきぽ

コントラスト

ほら、さ。


日々の流れやリズムってのには

なんとなくの

「色」みたいなものって

あるじゃない?


色じゃなかったにしても

「気配」とか「感じ」でもいいけど。


最近いい感じとか

ちょっと良くない気配が…とか。

(少なくとも私にはある)


日々の流れやリズムの「色」を

整える= 自分を整える

だと思ってる。


でよ。


ここ最近はこの「色」の

コントラストがエグい。

(↑言葉のチョイス…若者風)


起こる出来事のコントラストがょ。



要らない感情が昇華して

回り出したエネルギーの波


💀壊れる洗濯機

大好きな場所で

エネルギーすっこ抜けて

解放される


💀末っ子骨折


なんなのよ。

なんなのよ。


たぶん今までもずっと

出来事としては

似たことが

起こっていたけど


流れやリズムのスパンが

もっと長かったんだ。


ギュッと。

ものすごくギュギュッと

圧縮されてるから

コントラストが際立つ。

(たぶん)



ある人が

「出来事は目まぐるしくて

展開が早いけど

日にちが経つのは遅く感じる」

って言っていて

面白いなぁって思った。


時間も空間も

個人のものだから

(↑めっちゃ大事)


本来みんな違うわけ。


同じものを

共有しているという錯覚。


きっと一切コントラストなんか

感じない日々の流れを

生きてる人もいるのよ。

(そういう人との接点はどんどん減る)


時間も空間も思い通りに

選択できるということ。


そして選択したそれには

独自の流れやリズムっていう

「お作法」があるってことだな。


コントラストの中で見つける

自分の内側の本音。


それが次元上昇のパスコードだわよ。






閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示