• あきぽ

「みみチリチリ」


先日の3連休は、わが家のイヤーコーニング祭りでした。

わが家の人たちはイヤーコーニングを「みみチリチリ」と呼びます。最初はなんじゃそりゃと思いましたが、実際のところ言い当てているので、私も黙って右ならえすることにしました。

家族への「みみチリチリ」侮れません。

日々の生活の中で、ケンカ、小競り合い、説教、怒鳴り声…そんなことはもう枚挙にいとまがないワケです。

これが無くなるかと言えば…ええ、無くなりはしません。無くなりはしないのですが。

家族を覆っているチクチクした空気感が、たしかに薄れる…のですね。

ケンカ、小競り合い、説教、怒鳴り合いが、しつこく続かない。続きようがない。

分かりやすいのは、次男です。

わが家の次男は、とにかくなんと言うか、扱いがややこしい。(と、思ってしまっているのですが、これについては長くなるので省略)

日々勃発するイザコザの発端は、たいがい彼の言動だったりするのですが、昨今すっかり家族に対する「素直さ」という文字が抜け落ちてしまっています。

が。その次男に「みみチリチリ」をすると。

すると。

すると。

「ゴメンナサイ」「ありがとう」という言葉ががスルっと出るんです。

こちらが拍子抜けするくらいに。

「みみチリチリ」を終えて、「終わったよ」と声をかけて起こすと「ありがとう。おやすみなさい」とスタタターーっと、寝に行ってしまいました。

彼との関係はもうずっと長いこと、私自身の課題であり、大っきなシコリでもありますが、この「みみチリチリ」が、救世主になる!と確信しています。(もちろん、相手をコントロールする為のものではありません)

オットに「みみチリチリ」をしたら。

したら。

したら。

ガリガリ君を買ってきてくれました。笑。

「気ぃ使ってんだよ」と一言。

「ありがとう♡おいしぃーー♡」と言って食べました。それだけの事がいい感じだったんです。

家族への「みみチリチリ」

家族のためのイヤーコーニング。

いちばん身近な人たちを幸せにする、そんな具体的かつ、とても効果的なアクションです。

そしてとてもカンタンです。


© 2017 by earconing Nagano. 

  • s-facebook
  • Twitter Metallic